WEBセミナー:事業計画書作成に役立つ『RESAS』の活用法 ~身近にあるビックデータの活用【KIP】

2021.10.13

国内外で機運の高まっているデジタル化やコロナ禍で導入が進んだテレワーク等の働き方改革により、生産性向上や業務効率化を実現させるため、最新動向や支援施策の紹介等を行います。

概要

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、地方自治体の様々な取り組みを情報面から支援するために、経済産業省とまち・ひと・しごと創生本部事務局が連携して提供する、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムです。

RESASが利用しているオープンデータは、多種多様かつ膨大な情報を網羅したビックデータです。

そこには、人口・産業・観光に関する公的機関が作成したデータだけでなく、GPS等によるモバイル端末の位置情報、スーパーやコンビニエンスストアのレジにて収集されたPOSデータ等の民間事業者のデータ等があります。

皆さま奮ってご参加ください。

日時

2021年11月25日(木) 14:00~15:00 

開催方法

Web(Microsoft Teams)

内容

◆RESAS出前講座 14:00~14:55
 RESASの地域分析資料を通じて、RESASによる分析手法の理解を深めます。
 ファシリテーター経済産業省 関東経済産業局 地域経済部 地域振興課 辻村 昌樹 氏

◆KIPワンストップ経営相談窓口のご紹介 14:55~15:00

詳細および申込

事業計画書作成に役立つ『RESAS』の活用法 ~身近にあるビックデータの活用
申込期限:2021年11月18日(木)17:00