【終了】【日本経営士協会・Startup Hub Tokyo丸の内共催】おカネとヒトのはなし ~資金調達のビジネスモデルキャンバスと雇用の法的注意点~

 

特典

セミナーにご参加いただき、アンケートにご回答いただいた方にセミナーで使用したテキストを差し上げます。

日時

7月14日(木)18:30~20:00

■セミナー概要

第1部「知っておけば良かった!経営者からの相談事例から見る労務知識」

スタートアップ時に知っておくべき労務知識には様々ありますが、セミナーでは実際に経営者から相談があった事例を取り上げて雇用契約と業務委託契約の違い、試用期間の注意点、労働条件の明示などの基本的な労務知識を弁護士の専門的見解から解説します。テレワークは会社・従業員にとってどのようなメリットがあるのか、導入企業の業種等を踏まえ、実際にどの程度定着するのか等、今後の組織体制で参考になるケースを、法的な整理を交えて解説します。

第2部「資金調達、補助金申請に役立つビジネスモデルキャンパス」

ビジネスモデルを可視化するフレームワーク「ビジネスモデルキャンパス」をご紹介します。ビジネスモデルが的確に整理できていると、資金調達そして補助金活用を有利に進める事ができます。このタイミングで、創業しようとする事業を一度整理して、未来の事業成長を現実のものとしてください。

■定員

100名(先着順) ※定員数に達し次第お申し込みを締め切らせていただきます。

登壇講師プロフィール

・佐藤 省吾 氏 / 弁護士 東京圏雇用労働相談センター相談員

ことぶき法律事務所。中小企業の企業法務、顧問弁護士として使用者側の労務トラブルの相談、解決、予防にも携わりながらも弁護士会等の公設相談にて労働者側の法律相談を担当しており、労使双方の立場から労務事件に取り組む。労務分野では企業における安全配慮義務を巡る問題、パワハラ・セクハラ等のハラスメント対策等の労務コンプライアンスに関する講義講演、企業研修を全国各地で行っている。中央大学法学部法律学科卒、慶應義塾大学法科大学院修了。

・稲葉 隆治 氏 / 経営士・行政書士

認定支援機関BIZWAYコンサルティング代表、日本経営士協会常務理事、芝浦工大学卒、富士ゼロックス株式会社出身。在職中「商品企画/開発」「事業企画/計画」「営業/マーケティング」を計35年間従事した経験と知見を活かして経営者に寄り添えるコンサルティングサービスを提供しています。

【お問合せ先】

東京圏雇用労働相談センター事務局 東京圏雇用労働センターホームページ

・電話:03-5542-1950(月~金、9時~17時30分)

・メール:tecc@pasona.co.jp

※参加URLが変更となる場合がございます。その際にはあらかじめメールにてご連絡いたします。
※開催日2営業日程度前にご参加のURLをお送りいたします。
※事務局ではZoomの使い方や通信環境に関わる技術的なサポートは行っておりませんのでご了承ください。

PAGE
TOP